MENU

脇の黒ずみにはどんな美白石鹸が良いの?

夏以外でも一年を通して脇のお手入れには気をつけないといけませんよね。
友人の結婚式やパーティなどで脇に自信がなくてワンピースやドレスが着れなかった経験はありませんか?
せっかくの素敵な時間、脇を気にして時間が過ぎていってしまうのはもったいないですよね。

脇の黒ずみ用の石鹸の中でも、特に黒ずみ解消に効果があるとされている美白石鹸ですが、種類があり過ぎて何を基準に選んだらいいのか迷いますよね?
脇の黒ずみに効果的な美白石鹸はあるのか?詳しく説明します!

脇の黒ずみは美白石鹸でお手入れ出来るの?石鹸の注意点は?

美白石鹸で脇の美白を行うことは出来ます。
ですが美白石鹸を使用して体を洗った場合、1度洗えば1日中効果が続くというわけではなく、身体に石鹸の泡がふれているその時だけしか美白効果は期待できません。なぜかというと、美白成分が”肌にトラブルを起こさない程度の少量”に留められている為、有効成分の薄さが問題なのです。また美白成分というのは肌への刺激が強い成分ですので肌が弱い人やアトピーの方は注意が必要です。

石鹸の美白成分は肌へ吸収させることが出来ないので、美白石鹸だけで黒ずみを解消するのには適しておらず、どちらかといえばサポート的な役割です。これは美白石鹸だけではなく脇の黒ずみ専用石鹸等も同じことです。普段使用しているボディーソープや石鹸を脇の黒ずみ解消専用のものへ変更することはとても良いですが、石鹸だけで劇的な変化が起こると期待しすぎると結果が伴わずに3日坊主で終わってしまうでしょう。

また、石鹸はアルカリ性なので汚れや角質の中和する効果がありますが、元々アルカリ性は刺激が強すぎるためお肌にとってはあまり良くありません。皮膚についている表皮ブドウ球菌という善玉菌が他の菌の繁殖を抑えているのですが、アルカリ性でごしごしこすり過ぎてしまうと表皮のブドウ球菌が必要以上に殺菌されてしまいます。脇などの皮膚が薄くデリケートな場所に使うときには刺激が少ないないものを選ぶ必要があるので注意しましょう。

美白石鹸でお手入れ出来る脇の黒ずみと出来ない黒ずみの違いとは?

美白石鹸で脇の黒ずみのお手入れが出来るのは古い角質や皮脂が原因で毛穴が詰まり、酸化して黒ずんでいる状態の脇の黒ずみです。このタイプはピーリング配合の美白石鹸で黒ずみを落とすことが出来ます。
逆に出来ないのは、摩擦や刺激が原因となりメラニン色素が沈着し皮膚が黒ずんでしまっているものです。このタイプは皮膚の一番深い所でメラノサイトがメラニンを作り続けた結果、黒ずんでしまっています。原因とすれば乾燥や摩擦によるものが多く色素沈着がおき時間の経過を経て出来てしまったものなので改善するのが難しいとされています。
脇の肌が乾燥していてカサカサ、固くなっている人が多いのも特徴です。

脇の黒ずみには専用のジェルと合わせると効果的です。

脇の黒ずみには美白石鹸を単体で使用しても意味がありません。脇の黒ずみを白くするのではなく、原因となるメラニン色素の働きを抑えるものですので脇の美白効果のある専用ジェルなどと合わせて使った方が効果的です。石鹸よりもジェルなどの方が早く美白効果が実感できます。脇の黒ずみを効果的にとるには黒ずみを表面に持ってくる必要があります。保湿をすることで有効成分が乾燥しがちな脇に潤いを与えるだけではなく肌が正常にターンオーバーを行える環境を整え、肌の生まれ変わりを促進してメラニンを除去することが出来ます。
脇の皮膚は薄いので他の場所以上に過度に負担を与えない美白石鹸や脇専用のジェルを選ぶことが大切です。

効果があると思って使っていても効果が出ない時は使い方を見直してみましょう。
脇の黒ずみのお手入れはひどくなってからお手入れするのではなく、毎日の日常的なお手入れが大切です。小さな刺激をおさえることでキレイな脇に変え自信を持つことが出来ます。頑張ってキレイな脇を目指しましょう。