MENU

なんで脱毛でわきの黒ずみが改善できるの?

毎日続けているわき毛の自己処理、お手入れしているつもりでも実は黒ずみにとっては逆効果になっていることがあります。そんな脇の黒ずみに効果的なのは、まず脇にかかる負担を減らすこと!そのためには脱毛が効果的と言われていますが実際どうなのでしょうか?
脇毛の自己処理方法から脱毛まで、そんな気になる脇のムダ毛処理について調べてみたのでぜひ参考にして夏を思いっきり楽しんでくださいね♪

あなたの方法は間違っている?正しい脇毛の処理方法とは?

脇だけに限らず、ムダ毛処理の方法としては大きく分けて3つの方法があります。

1.「剃る」
カミソリや電気シェーバーなど比較的手軽で簡単にムダ毛の処理を行うことができます。しかしカミソリで脇の毛を剃ると皮膚の角質ごと削ってしまうために、脇への刺激が強く黒ずみの大きな原因となります。
2.「抜く」
毛抜き(ピンセット)や電動毛抜き、脱毛テープなど根本からムダ毛を引き抜くことで次に生えてくるまでの時間が長くなり、その分他の方法に比べてムダ毛処理の頻度を減らすことができます。しかし特に毛抜きの場合はムダ毛を1本1本抜かなくてはならないので1回の処理には時間がかかり、毛穴が広がったり肌がボツボツになったり埋没毛の原因になります。また電動毛抜きやテープも処理後は赤いポツポツができやすいです。
3.「薬剤」を使用する
除毛クリームや抑毛剤、脱色剤などは広い範囲を一度に処理することが可能ですが、ムダ毛処理が完了するまでの放置時間が必要なので特に敏感肌など元々お肌が荒れやすい方には向いていません。

自己処理の方法もいろいろありますが、どの方法もムダ毛の処理を繰り返し行うことは何よりも脇の黒ずみがひどくなる一番の原因になります。
脇の下にはリンパがあるので皮膚がもともと固くなりやすいとされていて、自己処理を続けることで脇の未熟な皮膚が重なり合って角質が厚くなってしまい一度黒ずんでしまうと自分の力では中々完治させることが出来ません。むしろ続けてしまうと年々ひどくなってしまうので注意が必要です。
しかし、脇の処理は女性のたしなみですしケアしないわけにもいきませんよね。
脇の黒ずみを治すためには脇に刺激を与えないことが大切です。それではその刺激を与えないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

脇毛の処理は脱毛がおすすめ

脇の黒ずみを治すためには何よりも脇の自己処理をやめる必要があります。
そんな私のおすすめはエステサロンでプロの手をかりて脱毛をすることです。
自己処理だと処理をしてすぐでも脇の黒ずみが出てきてしまい処理したところが目立つので恥ずかしいですよね。
脱毛して毛が生えない状態にすることで自己処理のように脇への定期的に与えるダメージが少なくなるので脇の黒ずみも改善できるとされています。
脱毛直後は人によって脇がブツブツしているように感じる場合もあるのですが時間が経てばツルツルの脇を手に入れることが出来ます。
しかし脱毛と一言でいってもやっぱりエステサロン選びが重要です。脇脱毛は定期的にキャンペーンをやっているところも多いので格安で脇の脱毛をすることが出来ます。
脇の毛は休止期が長い場所とされていて、脱毛で処理することが出来るのは全体の約20%と言われています。
目に見えている部分以外にも残っているので脱毛後の生え方にはかなりの個人差があるのです。脱毛は1回行ったら終わりではないので定額制で通い放題をやっているところを探しましょう。
自己処理が減ることで肌の新陳代謝が上がって脇を正常な状態に戻すことで脇の皮膚が回復し黒ずみにも効果があるとされています。
脱毛サロンに通うのが大変…、回数がかかるし面倒くさい。自己処理よりもエステサロンはお金がかかるので自己処理でもいいやと思いがちですが、それでも大人の女性たるもの脇の黒ずみは恥ずかしいですよね。
ほうっておくことで勝手に良くなることはないので勇気をもって脱毛に行きましょうね。
脇の脱毛は、毛周期のサイクルがあるので夏場から通い始めても毛周期の関係で最大限の効果を得られなかったり、脱毛してすぐは紫外線を避ける必要があるため脱毛後は刺激厳禁などの規制があるので気を付けてくださいね。
夏はムレが原因となり細菌が繁殖しやすいこと、エステサロンも本格的なシーズンですと予約が取りにくいため春先の3月や4月から始めることがいいでしょう。美は毎日の継続から作られますのであなたも脱毛デビューして美しい脇を手に入れませんか?