MENU

脇の黒ずみは毎日の生活に原因が!?

これからのだんだん薄着になってくる季節は脇のムダ毛処理が大切ですよね。ムダ毛の話は周りに相談しにくい内容だし、カミソリや毛抜きを使ってなんとなくで自己処理をしていませんか?そんな自己流の間違ったムダ毛処理方法が、実は脇の黒ずみを作ってしまう原因だった!?そして放っておくとどんどん酷くなる脇のぼつぼつとした肌荒れ、ムダ毛処理後に白い粉のようになってしまう肌の乾燥など、ここではそんな脇の黒ずみの原因や脇のケアについて考えてみましょう。
脇は元々黒ずみができやすい?
人間の肌の中でも特にデリケートな脇は、肌を守るための皮膚の防護反応としてメラニンの生成がしやすくなっていて、メラニン色素が過剰に発生すると脇の黒ずみが起こりやすくなります。メラニン色素って日焼けした時に出来るもの?というイメージがあると思いますが、実は物理的な刺激が原因となることもあるのです。
その物理的な刺激に注意することで脇の黒ずみを防ぐことができますが、何よりもまずは「脇は黒ずみができやすい」ということが1番の原因であることを覚えておきましょう。
実は間違っている?絶対ダメ!脇の自己処理
脇にとって1番物理的な刺激となるのはわき毛の処理。なんとなく自分で毛抜き(ピンセット)で抜いたりカミソリで剃ってケアしている人は、お肌にとても負担がかっています。抜いたり剃ったりと頻繁にムダ毛の処理を行うことで強い刺激となってほぼ毎日メラニン色素を作り出してしまいます。特にカミソリで剃っている場合はムダ毛を剃った時、一緒に皮膚の表面まで削ってしまい角質層だけでなくお肌そのものが傷ついてしまいます。
自分で抜くという行為も、抜いたところから雑菌が入りやすくなり炎症などの肌トラブルの原因となってしまいます。ムダ毛を毛根から抜いて処理をした脇は毛穴がブツブツと盛り上がってしまい、皮膚の中で毛が生える埋没法の状態になっている可能性があります。
自己処理でかかる負担を軽減できるようにアフターフォローをしっかりしましょう。
脇の黒ずみは下着が原因!?
2つ目は、毎日着用している下着です。サイズの合わない下着による長時間の締め付けや、歩いた時の布との擦れも黒ずみの原因とされています。そしてそんな下着の中でも脇が黒ずむ最大の原因はにブラジャーによる摩擦。特に日常的に、自己処理などで肌に負担がかかっている状態だと肌の発汗作用も弱くなってしまい、刺激を受けやすくなった脇は更に黒ずむ原因を作り出してしまいます。
脇も乾燥する?ターンオーバー出来ないことが黒ずみや匂いの原因になる
脇のお手入れがきちんと出来ていない状態だと、肌が乾燥して外的な刺激を受け易くなります。毛抜きや服の摩擦、制汗剤の使い過ぎなど日々の脇に対する行動がダメージを引き起こす原因となり、そういった刺激を受けると皮膚を厚くして守ろうという肌の防衛反応が働いてしまいます。皮膚が厚くなれば、余計な角質層が溜まりますから脇の黒ずみや嫌な匂いの原因となることも間違いありません。
また、皮膚が厚くなってしまうとターンオーバーが正しく行われなくなるのでできてしまった黒ずみが消えにくい原因ともなってしまいます。

制汗剤の使いすぎは良くないの?

脇の匂いが気になるからといって何度もスプレーをするとどうなると思いますか?
脇をサラサラにするパウダータイプの制汗剤は、パウダーで汗線にふたをする方法で汗を抑えています。なのでパウダーを何回もつければ、毛穴のつまりは起こりやすくなりますよね。
毛穴のつまりがおこればターンオーバーを促す機能も低下しますし、新しい肌の細胞が生まれてこないため、どんどん皮膚が厚くなります。
また制汗剤を多く使うのは主に夏場ですが夏場は制汗剤の刺激だけでなく、汗をかいて脇がムレることで雑菌が繁殖しやすくなりトラブルが起こりやすい時期と言えます。
他にも、人体には影響がないとされていますが、制汗剤に含まれる重金属が肌の刺激を促すことがあります。殺菌効果があるとうたっているものに多いのですが毛穴のつまる原因にもなるのでなるべくつけすぎない方がいいでしょう。

毎日続けている習慣になっているものが実は脇の状態を悪化させている場合があります。
夏本番になる前に一度脇のお手入れを見直して、自信をもって脱げる脇を目指しましょう!