MENU

ピーリングやボディスクラブは脇の黒ずみをなくすのに効果はある?

あなたは出来てしまった脇の黒ずみにどんなケアをしていますか?どうしたらいいのか分からなくて自己流でケアをしてしまったりしていませんか?
脇は皮膚が薄くてとてもデリケートな部位なので、間違ったケアをすると脇の黒ずみを悪化させる原因となってしまいます。正しいケア方法を知って自信のあるキレイな脇を目指しましょう!

脇の黒ずみはどうしたらいいの?

脇の黒ずみはメラニン色素の沈着と古い角質の汚れが原因です。
メラニン色素とは、紫外線や衣類などの刺激によってお肌に悪影響を及ぼすものから守ろうとメラノサイトという細胞が起こす防御反応のことです。また刺激以外では、睡眠不足や食生活・ストレスなどの生活習慣の乱れから皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)による古い角質の排出が間に合わず、角質層や表皮に汚れとして溜まり色素沈着が起きることで脇が黒ずみます。

正常なターンオーバーは28日周期で繰り返されているのですが、この周期が乱れると肌のバリア機能の低下につながってしまい、30代、40代、50代と年齢を重ねるたびに周期が長くなり肌トラブルが起こりやすく、かつ治りにくくなります。そんなターンオーバーが乱れてしまったお肌にはターンオーバーを促すような化粧品を使うことが大切です。
今回は特に脇の黒ずみに効果的とされている「ピーリングとボディスクラブ」について比較してみましょう。

脇の黒ずみには肌に優しいピーリングがおすすめ!

良く耳にする「ピーリング」とはなんなのでしょうか?
ピールとは「皮をむく・剥がす」という意味で、古い角質を取り除いて新しい肌(角質)へと導くスキンケアの一種をピーリングと呼びます。ピーリングを大きく分類すると科学的なものと物理的なものにわかれますが、科学的なのはケミカルピーリングと呼ばれていて、AHA(アルファヒドロキシ酸)とBHA(ベータヒドロキシ酸) の2種類に分類されます。
AHAはサトウキビやリンゴの酸などを原料としているもので、薬局などでもよく目にするあのりんごのパッケージがAHAの商品になります。植物やフルーツなどの天然由来成分から出来ているため、肌に優しく低刺激で初めてのピーリングでも安心して使用できます。
もう1つのBHAは、TCA(トリクロール酢酸)やサチリル酸が多く使われていて、油溶性で肌に浸透しやすく医療機関などで使われています。BHAは日本では配合量に規定があるため、一般的に販売しているものでもAHAと混ぜて販売されていて、一定の規定量以下ならBHAの方が安全性が高く鎮痛効果なども期待できます。しかしAHAと比べて刺激が強いため肌の弱い方は注意が必要です。

ピーリングを行うことで皮膚のターンオーバーが活発になり、黒ずみの原因となる古い角質やメラニンを取り除き新しい綺麗な肌に生まれ変わることができます。
それでは毎日ピーリングをすれば黒ずみが早く消えるのか?というとそうではありません。ターンオーバーの周期は早くても遅くても「乱れている」のは同じなので、正常な周期に戻すための目安としては週に1回程度がおすすめです。そしてピーリング後はお肌が特に乾燥しやすいので、アフターケアとして保湿をしっかり行いましょう。

また、元々乾燥肌だという方の保湿重視商品なら、ピーリングの中でもジェルがおすすめです。ターンオーバーを促すだけの最低限の力しかないので、逆に肌の余計な角質層だけを落とすことができ、優しく肌の角質を除去してくれてお肌にとって強すぎず安心して使うことが出来ます。
ピーリング主成分のものや配合されているだけなど成分にも違いがありますのできちんと確かめてから購入するようにしましょう。

脇の黒ずみにはボディスクラブも効果的?

それではもう1つのボディスクラブとは何でしょうか?
スクラブは石鹸やクリームなどに細かい粒を加えることで余分な角質を削り落とす効果があります。
単にボディスクラブといってもお風呂で使えるタイプのものと塗るタイプのものがあり、脇の黒ずみケアなら塩などのスクラブや角質ケアスクラブがおすすめです。

しかし使い方を間違えると肌に大きな負担がかかってしまい新たな黒ずみを作る原因となりますので注意が必要です。
ボディスクラブは安価で手に入れやすいのと、使用後は肌をやわらかくする効果があるとされています。
もしボディ用だと刺激が強すぎるという方は、フェイス用のものがおすすめです。

脇の黒ずみは結局どっちがいいの?

ピーリングもスクラブも黒ずみを治療するというものではないので、劇的な変化というよりは長く使い続けるうちに徐々に黒ずみが薄くなっていくものです。それでも肌への刺激を考えると個人的にはピーリングをおすすめします。
今までにもしピーリングやボディスクラブ等を使用した後に肌がヒリヒリしたり赤みが出てしまった方は、特に刺激の弱い商品を試すようにしてくださいね。